読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわの磯辺揚げ

ちくわの磯辺揚げが好きなジャニオタのひとりごと\LOVE ジャニーズ YES!!!/

職場で出会いたいキスマイを妄想してみる。

Kis-My-Ft2 自分のこと

 

tikutikuwa24.hatenablog.com

以前こちらで職場に妄想を少し持ち込みましたが、今回はもう少し具体的に。今まで接客だったり小売だったり日々動き回ることばかりで、いわゆるオフィスラブ(そんな言い方するのか。笑)の妄想は出来かねますが、職場で会いたいキスマイちゃんを考えてみます。

 

北山宏光▷出版社の営業マン

北山先輩は毎日一緒に働くには刺激が強くてドキドキして仕事にならんので。笑

月1ぐらいで職場に営業に来て欲しい。スーツの上着を手に持ってシャツを腕まくりしてね。みんな好きなやつ!!!

「来月新刊が出るんすけど、これ絶対売れるんで!!!在庫積んだ方がいいっすよ!!!」とか、喋り方はもちろん見た目もチャラいけど、仕事に熱くて確かにオススメされた商品はよく売れる。あと、予想外の事態があったとしてもなんとかしてくれる。例えば予想以上の売れ行きで在庫が足りなくなりそうな時も、ダメ元で連絡してみたら休日でも店まで商品を届けてくれそう。

「本当に助かりました><ありがとうございます><」って言ったら、「普段ならしないですけど、〇〇さんのお願いだからっすよ〜」とか言ってさらっと心かっさらっていくという。「いかん!!!好きになっては!!!これは仕事だからだ!!!これは罠だ!!!」って思うんだけど、もうそう思った時点で堕ちてるよね〜〜〜。もうオススメされた商品は全部仕入れちゃうよね〜〜〜。こうして今日も北山先輩の営業成績はうなぎ登りなのです。

 

千賀健永▷学生バイトさん①(めちゃいい子)

私とは基本シフトは被らないんだけど、土日とか繁忙時期は一緒に働いたりします。

とにかく職場では素直で良い子。今時のキレイめ大学生。わからないことは聞きにきてくれるし、教えたらちゃんとわかってくれる。けどちょっと解釈を間違ってやらかすこともしばしば。だけど全く悪気がなくて素直に反省しているので、「大丈夫だよ!!!次から気をつけようね!!!」って甘々になること間違いなし。

休憩がたまたま一緒になって話を聞いていたら、お家がロイヤルなことを知る。「なのになんでバイトしてるの?」って聞くと、「学生バイト②(のちのち出てきます)に誘われたんですけど、そのお陰で働くことの楽しさを知りました!!!」とか、ただ無邪気にキラキラした目で言ってそうで、その若さと純粋さに癒されつつも、逆に「働くこと」を改めて考えさせられたりする。

 

宮田俊哉▷同じ職場の同期

同期入社で一緒に苦楽を共にしてきたよき仲間。宮田くんはキスマイの中でダントツに一緒に働きたい人だなぁ。

職場では温厚でいつもニコニコしている。上司なのに学生バイト②にいつもいじられてて、それにも付き合ってくれる優しい人柄。仕事帰りにたまに飲みに行ったりラーメン食べに行ったりするんだけど、そこでは毒が出がちでそのギャップが楽しい。愚痴言ったりしても、結局最後は「けどお互い頑張んなきゃね」ってあの笑顔で言われて救われたいな。職場ではアニメ関係の雑誌コーナーへの力の入れ方が半端なくてその界隈では知られる存在だし、実はすごい人と仲が良かったり、普通そうに見えて誰からも好かれる魅力が詰まっている人。

 

横尾渉▷珈琲屋さんのバリスタ

白シャツに長めの黒のギャルソンがどう考えても似合う横尾さんなので、休憩中によく行く珈琲屋さんで出会いたいな〜〜〜。その佇まいに魅了されるファン多し。私もその精悍な顔立ちに圧倒されて話しかけられなかったけど、しょっちゅう行ってるから「この辺で働かれているんですか?」とか何気ないことで話しかけられて、話してみると「そうなんしゅか。」とかいきなり噛んだりして、「なんかイメージと違う!?!?」ってなって、なんとなく顔見知りの常連さんになりたい。珈琲を淹れる待ち時間で「今日はお客さん多いですか?」とか「この前飲んだ新作、美味しかったです!」とか、本当何気ないことでいいのでお話したい。

 

藤ヶ谷太輔▷隣の服屋の店員さん

いつもファッション誌を買いにうちの店に来てくれる常連さん。あと横尾さんの珈琲屋さんでもよく出会うので、ちょっとだけ顔見知り。

すれ違う時は「お疲れ様です」って挨拶したり、「今日〇〇(ファッション誌)が入荷するので、取り置きしておきますね」って伝えにいったり。いつも男性誌から女性誌までいろんなファッション誌を両手一杯買っていくので「おしゃれが本当に好きなんだな〜」って思ってて。普段レジでおしゃべりしたりなんてしないけど、急に「実はこの前ダブって同じ雑誌2冊買っちゃったんですよね〜」とか言われて、「実はちょっとおっちょこちょいなんだな」って内心ほっこりしたい。

 

玉森裕太▷勤める会社の社長のご子息

一緒に働くことを仮定した場合、玉森くんが一番妄想しづらかった!!!アイドル以外で働くイメージが全く沸かん!!!で、辿り着いたのが「社長のご子息」

年に数回、現場の状況確認で社長に連れられて店舗訪問されるんだけど、とにかくスラッとして背が高く、ネイビーのスーツよく似合う。社長の側で特に話すこともなく、ボンヤリとほんわかとしているんだけど、時にぽろっと発言したことが実はすごく重要なことで大事なことだったりして、いざという時の切り込みにびっくりさせられる。ご子息というだけあって、大切に可愛がられて育てられてるけど嫌味が全くなく、自由で奔放な姿も「かわいい♡」で済まされる。やっぱりアイドル。どこにいたって玉森くんはアイドル♡そしてなぜか同期の宮田くんと仲良し。

 

二階堂高嗣▷学生バイトさん②(問題児)

千賀さんと一緒に入ってきた学生バイトさん。学校はお互い違うけど家が近所で昔からの腐れ縁。千賀さんとは打ってかわって大問題児なのは言うまでもありません!!!(キッパリ)お釣りの渡し間違いはしょっちゅう、目を離すと勝手に商品の漫画読んでる、そんなの日常茶飯事。その度に注意するんだけどなかなか直らないし、千賀くんには絶対「あのBBA、まじうるせい」って言ってる。笑

だけどピンチになった時にすごい機転が利いたりして。ちょっと難しいお客様がいらっしゃった時に困ってたら、何気にフォローして助けてくれたり。あと、ある時に休憩室にメモ帳が忘れてて「誰のかな?」って中を覗いてみたら二階堂くんので。中には今まで私が注意したことが拙い字で書いてて、誤字脱字がひどいけどちゃんと書いてて。だから結局憎めないし、今日も気にかけちゃう。


北山先輩と毎日一緒に働くのは刺激が強すぎると言いましたが、ふと、北山さんが一緒の店舗の店長で、いつも仕事に熱く遅刻することも滅多にないんだけど、ある日寝坊して寝癖つけて急いで出勤してきて、その隙が見えた瞬間にきゅんとするのもアリだなと思いました。(なんだそれ)

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。さて、そろそろ現実と向き合いましょうかね〜(明日も淡々と働いてきますね)(ヨボヨボ)